FC2ブログ
 
●プロフィール

サチナシ

Author:サチナシ
------------------------
HN:サチナシ(抵抗がある場合には、「サっちん」でも可)
趣味:ツクール?、絵描?、作曲?
備考:虚言癖(医者の診断は受けとらんですが)

メールアドレス:
in4-uc●outlook.com
(迷惑メール対策:●を@に変換してください)

ツイッターやってみた

まあ、あとのことは、追々どこかで。
…といって、その機会を回してこない、
そんなワタシはAB型。
------------------------

●カテゴリ
●最新記事
●月別アーカイブ
●最新コメント
●リンク
●エンカウンター(訪問者)・カウンター

■タグから記事を調べる
■検索フォーム

旧曲:【メダロット4】DARK NIGHT【なんちゃってアレンジ】

darknightサムネ

↑ ニコニコ動画直通リンク
投稿したドド
新曲:ドナドナ【なんちゃってアレンジ】

みなさんご存知ドナドナをやりたいようにアレンジしたもんデス。

ワタシが歌うと、悲壮感がうやむやになるので「これそーゆー曲じゃねーから!」と訴えるために作製。

よかったら、聴いてちょ。


製作にあたり、参考にさせてもらったサイト様 → ドナドナ~子牛の行方
これでキミもドナドナマスターだッ!!
スポンサーサイト





vocaloid関係 | 21:51:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
『黄泉の・・・』の衣装情報
下の記事に続きまして、『黄泉(よも)の海を往く旅人』の衣装情報を。

こちらは、もう少し充実してまする。

まず、全体図。
黄泉衣装全体図

つぎに、細かい所をすこし。
黄泉衣装詳細

最後に、首飾りのあたり、と足。
実は足周りは決定稿で無かったりします。まだ変わるかもしれません。
下のほうは首飾りの変遷。フィンランド神話のウコンバサラを参照しました。
黄泉衣装アクセ

基本的にムーミン谷が頭をよぎるような雰囲気を出せればOKかと。
ムーミンの原作挿絵を見たときに思わず「コレだ!この雰囲気だ!」と言ってました。

だいたいこんなカンジです。
即席でそろえたので、色々不備がありますが、ご了承をば。

vocaloid関係 | 02:35:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
『死神とたたかう唄』の衣装について
某経由から、「衣装の情報が欲しい」との噂が入ったので公開。

『死神をたたかう唄』の衣装は、本来別のキャラ
(ってか、そのキャラのテーマがこの曲なんだけど)
の衣装だったんですが、この曲を歌ってもらうということで、着てもらいました。
(ちょっとだけ、手加えてるんですが)

以下、jpgファイル。

死神衣装

うん、衣装に関する資料はコレだけしか無いデス。
ゴメンね。


vocaloid関係 | 02:20:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
『黄泉(よも)の海を往く旅人』は、いかにしてその名を冠したか。
せっかくなんで、先日あげた曲のタイトルについて。

黄泉ってのは一般的には、よみ、と読みます。
が、しかして、今回、黄泉=よも、と読んでいます。
何故そこに至ったのかという理由をば含めて、今回お話します。
いや、大して深いわけじゃないんだけどね。


まず、『黄泉の海を往く旅人』というタイトルを決めるにあたり、
“海”の部分と“往く”の部分は漠然ながらも最初からできてました。
(この時点で曲は既に90%は完成していたので)
なので『~の海を往く~』的な名称にするかと、思案。

んで、曲をさらに聴きながらどうしようかと考えて、
“~の海”という引きで電子辞書を起動。
天(あめ)の海、生死(しょうじ)の海、霞(かすみ)の海、弘誓(ぐぜい)の海、すずりの海・・・などなど。
で、その中に“四方の(よも)海”というのがありました。

四方の海の意味は、かいつまんで言うと、
四方向全部海、ソコから転じて、世界、というもの。
(参考、広辞苑 第五版 電子版)

でまた、
黄泉比良坂(よもつひらさか)という単語がありまして、ここから
「これ、“黄泉つ(よみつ)比良坂”のなまった形が“黄泉(よもつ)比良坂”なんじゃね?」
という、根拠の無い推測をたて、
「じゃあ、“黄泉”と書いて、“よも”って読んでも良くね?」
という結論に至ましたり。

しかも、四方の海をさらに調べてみると(電子辞書のジャンプ機能ってすごく便利)、
“四方の海”→“四海”→“(仏教用語)須弥山をとりまく四方の外界”
須弥山ってのは、詳しい説明はめんどくさいので各自ググるなり、辞書るなりして、
調べてみてください。かいつまんでいうと、世界の中心にある海中の山、だそうです。
(参考、広辞苑 第五版 電子版)

これらの意味合いを繋げて、
『死後の世界にある中心山を囲む海』
という連想を『黄泉(よも)の海』と表現しました。
黄泉には死者の住む国という意味がありますし。

で、最後にその世界を往く人物はどういう人物かと考えます。
まず、地元民(いるかどうかは知らんが)は無いでしょう。曲的に。
なので外来者。しかも土着する予定の全く無い人物像。
よって、『旅人』と。

最後に『黄泉(よも)の海』+『を往く』+『旅人』=『黄泉の海を往く旅人』
と相なったわけです。

途中の順番はたぶんいくらか違ってたとは思いますが、
大まか、こんな流れでタイトルは決まりました。



ってか、誰もわかんねぇよ、こんなんww
誰得だよこの記事。
とか思いましたが、もう書いてしまいましたので、このままあげちゃいます。


以上、黄泉の海を往く旅人、タイトルの変遷でした。

vocaloid関係 | 09:41:06 | トラックバック(0) | コメント(1)
投稿しましたり。
新曲:黄泉(よも)の海を往く旅人

えー、先日、曲をもう上げてしまうべきか、票をつのったんですが、
現在結果が、「揃ってから上げたほうが良い」に1票のみ、となっております。

むしろ、票を入れてくれた某先生には、軽くジャンピング土下座して謝らにゃならんのですが、
上げてしまいました。曲↑

だって、まさか、票入れてくれるヒトが居るとは思わなかったんだもん!!
ゴメン、某先生。
反対票だったのに、ゴメン。
やる気とかモチベーションとかテンションとかデッサン力が
持たなかったんだ…。

vocaloid関係 | 21:49:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ